撥水製品全般 メンテナンス

WATER-REPELLENT ITEM MAINTENANCE 撥水製品全般 メンテナンス

当社の製品ではレインウェア・スキーウェアなどに高い撥水機能を持ったウェアがございます。ウェアはご使用いただく環境や頻度により徐々に繊維表面に加工された撥水効果が低下します。ご使用いただく上で水滴をはじきづらいと感じられましたら、以下に紹介する方法を参考に撥水効果の回復をお試しください。

撥水効果の低下原因

撥水効果の低減の原因には次のようなものがあります。
・汚れの付着による低下。汚れが水を弾きにくくし結果的に生地に水が浸透してしまう。
・洗剤が繊維内へ残留することにより低下。
・摩擦や着用頻度による性能低下。撥水剤が生地から剥がれてしまう。

撥水効果回復方法

レインウェアやスキーウェアの撥水効果は繊維表面に付着した汚れや残留洗剤をしっかり落とすことで、ある程度回復させることができます。また、レインウェアやスキーウェアの撥水性は熱を加えることで回復する性質をもっていますので、アイロンやドライヤーで熱を加えることにより、より効果的に撥水効果を回復することができます。

【1】アイロンで仕上げる

ウェアを十分に乾燥させてください。
アイロンの温度はアイロンに設定されている”中温”にしてください。
(110℃~140℃くらいの温度設定です。)
当て布(綿のハンカチなど)をしてアイロンがけをしてください。
ボタンやファスナーワッペン・プリントなどはアイロンが当たらないように注意してください。


【2】ドライヤーで仕上げる

ウェアを十分に乾燥させてください。
ウェアとドライヤーを必ず10cm以上離してください。
全体にムラ無くドライヤーを動かしてください。
ボタンやファスナーワッペン・プリントなどはドライヤーが当たらないように注意してください。

撥水加工の劣化

ウェアを日々ご使用いただく上で、摩擦や繰り返しの洗濯による性能低下は避けられません。ご家庭でのお洗濯やアイロンかけで撥水性の回復が見られない場合は、撥水加工そのものが失われている可能性があります。その場合は、クリーニング店で撥水の再加工をお願いしてください。

市販撥水スプレーをご使用いただく場合、必ず目立たない部分で変色しないか確認した上で、撥水スプレーに記載されている方法に従い、十分な換気のもとで作業してください。