クレジットカード支払い取り扱い開始!1万円お買い上げで送料無料!

耐水圧

ONYONEのレインウェアは、厳しい環境に耐える「耐水圧20,000mm以上」を生地選定の基準にしています。

耐水圧500mm
耐水圧500mm
目安として、傘の耐水圧が500mm程度です。
耐水圧300mm~1,000mm
耐水圧300mm~1,000mm
雨量が1mm/hr(1時間あたり1mm)以下の小雨程度なら300~500mm。
少々の雨なら1000mmで充分なレベルです。
耐水圧10,000mm
耐水圧10,000mm
1mm/hrから30mm/hrまでの普通の雨の場合。
風などの着用環境にもよりますが、10,000mmあれば充分なレベルです。
耐水圧20,000mm
耐水圧20,000mm
100mm~300mm/hrの嵐の場合。
天候の変化が激しいアウトドアフィールドでは、突然の大雨や暴風雨に晒されることは珍しいことではありません。ここで着用するレインウェアには20,000mm以上の耐水圧性能を有するものを推奨します。

※通常、一般的に用いられるB法(高耐水圧法)で計測した場合、耐水圧はkpaで表されますが、弊社では一般的なmmに換算した目安数値を記載しています。また、mmでの表現はA法(低水圧法)の試験方法においては通常20,000mmまでの値しか計測できませんので弊社においては「20,000mm以上」という表現にしています。

※濡れた場所へ座ったり膝をついたりした場合の圧力は約2,000~11,000mm程度が目安です。

ただ、レインウェアの機能は耐水圧の数値だけで判断すべきではないと私達は考えます。最適な材料に長年培った技術やノウハウを組み合わせることで「快適なレインウェア」が生まれます。

シェア