ハイブリッドタイプメッシュマスク

Hybrid type™ Mesh Mask
「ハイブリッドタイプ™メッシュマスク 」

オンヨネ ハイブリットタイプメッシュマスク
飛沫の発生を軽減し呼吸しやすいマスクの開発ストーリー

学校保健・健康科学の専門家である上越教育大学大学院の池川茂樹准教授より、「人体は運動時のマスク着用により低酸素状態になると、活動筋で上昇した乳酸の生理的影響により、全身からの熱放散を妨げられてしまう可能性が考えられる」という研究成果から、酸素不足が生じにくい(息がしやすい)マスクの開発=運動用、活動時の熱中症対策マスク開発について提案を受けプロジェクトがスタートしました。

健康教育に活かす

実験では、オンヨネと上越教育大学池川先生とで共同開発したハイブリッドタイプ™メッシュマスク、不織布マスク、着用しない場合の3種にて、運動時の経皮的動脈血酸素飽和度、血中乳酸濃度、対流性熱放散能に関する比較試験を行い、結果として、ハイブリッドタイプ™メッシュマスクは、マスクを着用しない状態に近い結果が確認されました。

池川先生は、以上の結果から不織布マスクは、熱中症リスクを高める可能性があるが、今回開発したハイブリッドタイプ™メッシュマスクは、熱中症リスク低減マスクとして活用できると結論付けています。

マスク着用が深部体温に及ぼす影響(本研究結果の一部抜粋)
マスク着用が深部体温に及ぼす影響(本研究結果の一部抜粋)

詳細の研究内容に関しては以下リリースより、ご確認いただけます。
上越教育大学 池川茂樹准教授の研究成果に基ずくマスク共同開発についてのお知らせ (onyone.co.jp)

半導体製造装置メーカーと開発したクリーンスーツの技術を転用

クリーンルーム用マスクイメージ オンヨネは、国内半導体製造装置メーカーの東京エレクトロン株式会社とクリーンルームで 着用するクリーンスーツを共同開発しています。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクの開発では、クリーンスーツ専用マスクの開発時に得られた実験データと生地組織の評価結果から、網目の大きさが異なる生地を重ねることで、咳やクシャミをした時に放出される飛沫の拡散を抑える技術の転用を行いました。

また、これまでに構築してきた衛生用マスク技術により、口元の空間を確保しつつ、マスクの全面に均一に圧力が掛るバッファ構造を形成し、多種多様な顔の形にフィットするカッティング技術の採用で顔との隙間を極限まで無くす工夫を行いました。結果、スポーツなどの激しい動きでもズレが少なく、耳掛け部分には8way ストレッチ生地を採用することで耳や顔へのストレスを抑え、違和感のない着け心地と快適性を実現しています。

開発転用ポイント
・圧力損失軽減
・飛沫捕集能力の維持

ハイブリッドタイプ™メッシュマスク評価試験

東京エレクトロン株式会社(国内半導体製造装置メーカー)協力のもと、様々な試験を行っています。吐息・吸気導線、くしゃみ(咳)時の飛沫試験等でハイブリッドタイプ™メッシュマスクの有効性を確認しています。

実験1 マイクロウォーターを使用した、マスクの吐気導線確認試験
マイクロウォーターを使用した、マスクの吐気導線確認試験
実験2 咳マシンを使用したマスク隙間からの飛沫漏れ試験

実験概要

咳マシン実験概要

実験結果

不織布マスク、マウスシールド等の飛沫漏れの画像
実験3 マイクロ飛沫を使用した吸引試験

実験概要

マイクロ飛沫 実験評価装置
マイクロ飛沫を使用した吸引試験

吸引可視化試験機 東京エレクトロン製
条件:500mlを2秒かけて吸い、2秒かけて吐く
食紅:食用赤色102号15%、デキストリン85%
濃度:水1000gに対して粉末11g溶解
噴霧:おおよそ1分あたり0.1g消費
風速:0.2m/s
時間:20分(20分×60秒÷4秒=300回呼吸

マイクロ飛沫を使用した吸引試験の実験結果

マイクロ飛沫を使用した吸引試験結果

不織布マスク(右写真)は、圧力損失が大きく、隙間からの飛沫流入により 鼻の穴、口の周辺に赤い着色が見られます。

一方、ハイブリッドタイプ™メッシュマスク(左写真)は、顔へのフィット性が高く、隙間が抑えられており、メッシュを通過する吸気と吐気の呼気効率が良いことから、マスクとして高い性能を発揮することが確認されました。

実験4 実験4フィルター素材別圧力損失計測試験

実験概要

フィルター素材別圧力損失計測
フィルター素材SEM比較画像

フィルター素材別圧力損失計測の実験結果

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクが他マスクと比較して低圧力損失である事が明確となり、様々なマスクフィルター構造を確認することで、どのようなマスク構造が理想的な状態であるかを検証することができました。

このことから、運動時・活動時には人から出る飛沫物の軽減を目的としたマスク構造、活動以外では、メッシュマスクインナー OMA20IFSを併用することで外部からの飛沫捕集性能をプラスし、活動時と活動時以外の両方に対応するハイブリッドタイプ™メッシュマスクの開発に繋がりました。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクの特長

マスクを着用した運動や活動
世界的な気温上昇
私達の生活の中で様々なリスクが社会問題となっています。
ハイブリットタイプ™メッシュマスクは、そのような環境に適応した運動・活動時用マスクです。

ハイブリッドタイプ™メッシュマスク OMA20SPM

ハイブリットタイプ™メッシュマスクは、本体に通気性があり、飛沫の発生を軽減し、呼吸がしやすいマスクです。目の細かさが異なる2種類のメッシュを組み合わせた2重構造を採用することで、飛沫発生時に「拡散・さえぎり効果」を用いて2重構造メッシュで捕集する事により飛沫の発生を軽減。また呼吸がしやすいので、熱中症のリスク軽減が期待できます。

耳かけ部分にスーパーストレッチ(Eightway=8方向に伸縮する)生地をフリーカット加工で使用することで、長時間のご使用でも快適に着用していただけます。マスクには立体構造と鼻部分に形状記憶樹脂を配置し、高いフィット感と活動時のズレを軽減します。一般的な家庭用洗剤で洗濯して繰り返し使用できます。

OMA20SPM説明

サイズ
S(サイズ目安 頭囲50㎝)
M(サイズ目安 頭囲54㎝)
L(サイズ目安 頭囲58㎝)
→こちらからご購入いただけます


使用シーンイメージ
メッシュマスクインナー OMA20IFS

ハイブリッドタイプ™メッシュマスクの本体表と裏の間(ポケット)に、本品を挿入して使用します。捕集効率を高め、菌や塵、飛沫物の対策として効果が期待できます。

外側に吸汗速乾性のある素材に制菌加工を施し、繊維に付着した菌の増殖を抑制(※SEK橙取得)します。内側には微細化された貴金属を練り込んだ半導体機能を有する繊維を使用する事で微細な塵、菌、飛沫物を捕集する能力が有ります。 一般的な家庭用洗剤を使用して洗濯ができます。

OMA20IFS説明

サイズ:S/M/L
※お手持ちのハイブリッドタイプ™メッシュマスクと同じサイズをご購入ください。
→こちらからご購入いただけます


ハイブリッドタイプ™メッシュマスクへの挿入方法

ハイブリッドタイプ メッシュマスクへの挿入方法
開発協力  上越教育大学大学院 健康教育研究センター 准教授 池川 茂樹
      東京エレクトロン九州株式会社 製造技術部 成松 敬慎
      東京エレクトロン株式会社 コーポレートR&D部 藤原 馨
      東京エレクトロン株式会社 コーポレートR&D部 田村 明威